英語コンプレックスだった私 「まじめ」が嫌いになったワケ

こんにちは。水橋睦子です。

英語に対して
コンプレックス
ができてしまった痛い私

基本的に
英語から逃げていたんですが

英語から逃げていた私が出会った「かけがいのないもの」

思い出しました!

必須科目以外で
取っていた英語の講義に
好きだったものがあったことを!!

それは
「ダンディズム」
の講義でした。

コナン・ドイルの小説
「シャーロック・ホームズ」
を題材に

19世紀末の
デカダンス(退廃的な美)
について学ぶ

というものだったと
記憶してるんですが

これがそれまで
平凡でまじめに生きてきた
当時の私にとっては

とても刺激的だったんです。

とどのつまり

「「まじめ」
は超つまらないもの!」

ということ
だったんですから。

単純な私は
このときに

「まじめはつまらない」
という価値観を
ダウンロードしたのです(笑)

「まじめ」とは
・真剣、本気であること
・誠実であること

というのが
本来の意味ですが

ここでいう
「まじめ」は

「型通りに生きる」
という意味です。

誰かの都合によって
決められた

ルールや価値観の
枠からはみ出ることなく

型通りに生きる
模範となって生きる

って
つまらなくないですか?

ということです。

美」は
はみ出たところにある。

ちなみに
作者のコナン・ドイルは

「シャーロック・ホームズ」
を降ろして書いた
(降りてきたものを書いた)

と言われています。

ここでふと
岡本太郎さんが
「芸術は爆発だ」

と言っていたのを
思い出しました↓

*****

ぼくが芸術というのは
生きることそのものである。
人間として最も強烈に生きる者、
無条件に生命をつき出し爆発する、
その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。

芸術は爆発だ

これは随分前からの私の信念であり、
貫いてきた生き方だ。
全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。
それが爆発だ。
人生は本来、
瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。
いのちの本当のあり方だ。

岡本太郎『自分の中に毒を持て』より

*****

小さく縮こまっていないで
全身全霊が宇宙に向かってパーッとひらくように
生きようよ!!

*****

体験英語コーチングでは

なぜ、あなたは英語が思うようにできないのか?
まずは、その一番の原因を特定します。

そのうえで、ほしい英語力を獲得するには
どうすればいいのか?

これに答える最適な学習プラン
作ることを目的にしています。

少数限定プログラムのため
ご希望の方はお急ぎください。

【残席1】期間限定特別応援価格

「体験英語コーチング」
英語に悩んでいる方は
今すぐこちらから↓↓↓

今すぐ申し込む!