日本人が英語を話せない理由、そもそもの原因は?

こんにちは。水橋睦子です。

日本人が英語を話せない
英語が苦手な人が多いのはなぜか?

それは
日本人に対する外国人の見解
よく表れています。

外国人が思う
「日本人と言えば・・・」

それは
「日本人と言えばシャイだ」


日本人が英語を話せない
英語が苦手な人が多いのはなぜか?

という理由は
ダントツでコレです。

外国人に
「日本人と言えばシャイだ」
と言われるように

結局のところ
自己肯定感が低い
コレに尽きます。

海外在住経験のある人や
実際に外国人と
コミュニケーションをする機会のある人

そういう人ならば
実際に経験をしているので
よくわかることですが

日本人が英語を話せない
英語が苦手な人が多いのは

日本人の
メンタリティ(見方、心的傾向)
の問題が大きいのです。

だから
いわゆる表面的なスキルを
身につけるための勉強だけを
一生懸命しても

いざ
外国人と会話をするという機会を
目の前にした途端に

固まってしまって
言葉が出ない(汗)

そんな日本人が多いのです。

でも大丈夫です。

この自己肯定感が低いというのは、
そうなるように
教育を受けてきたからです。

(だからそのあたりを
コーチングでサポートしています。)

さて、
「自己肯定感が低い」
以外にも

教育による弊害
というのがあって

その一つを
医学者で解剖学者の養老 孟司先生が
YouTube(講演会の動画)で語っています。

養老 孟司先生といえば
著書『バカの壁』が有名ですね。

さてその養老先生が
日本の英語教育の弊害について
語ったこと

題して
「英語学習のウソについて、養老先生がお話します。」

講演会で一部英語教育について
語ったところを切り取った形で
YouTubeにアップされているのですが

英語に関するところを
一部引用させていただきます↓

*****

正しい発音があるというのは
実はウソ

(発音は)
相手の言っていることを
わかればいい

そのことは
外国語を学ぶときにとても重要だ。

正しい発音になると思うから
一個一個の単語を
きちんと発音しようとして
日本人は大抵つっかえちゃう。

(相手に)
聞こえるように
話すのが正しい。

声が違う、声紋が違うので
言葉といった発音に
正しい発音というものはない。

日本の教育は
そこに正しい発音があるという
前提で教えている。

だから
英語がしゃべれない。

どうしていかというと
イギリス人やアメリカ人よりも
英語を正しく発音しようと思っているから

正しい発音なんかがあると
思い込んだ瞬間に
当然しゃべれなくなる。

自分の発音が
正しいのか正しくないのか
そもそも外人なんだから
わからない。

(動物と人間の感覚の違いの話へと続く)

*****

英語ネイティブ同士でも
国や地域によって
発音がかなり違うことがあるし

お互いに
相手の英語を聴き取れない
なんてことがある。

これは
日本語でもそうだし
中国語でもそう。

なのに
日本人は

英語の発音に
こだわっている人が多いという
衝撃の事実!

それこそ
外国人なのに

自分の発音が
正しいのか正しくないのか

わかるんでしょうかね・・・。

そして
「イギリス人やアメリカ人よりも
英語を正しく発音しようと思っているから」

というのは
自己肯定感の低さ
そのものですね。

(教育のなせるワザ!)

私もよく記事で
言っていますが

英語の発音は

相手に伝わればいいし

相手の言っていることが
わかればいい

コレに尽きます。

うん、
シンプルですね!

*****

体験英語コーチングでは

なぜ、あなたは英語が思うようにできないのか?
まずは、その一番の原因を特定します。

そのうえで、ほしい英語力を獲得するには
どうすればいいのか?

これに答える最適な学習プラン
作ることを目的にしています。

少数限定プログラムのため
ご希望の方はお急ぎください。

【残席1】期間限定特別応援価格

「体験英語コーチング」
英語に悩んでいる方は
今すぐこちらから↓↓↓

今すぐ申し込む!